東北ラバーズ

怒涛の3日間でした。

岩手県釜石、宮城県石巻、そして帰ってきて茨木。

まずは釜石へ。

のんちゃんとのツーマンツアー。
前乗りで金沢へ入り、当日の朝4時に車で出発。

今回、PA機材をこちらから持参しないとならず、
どうしようかと思っていたところ
金沢でのんちゃんと一緒に活動しているシンガーソングライターのれん君が機材も貸して会場PAもしてくれるとのことで!
一緒に乗って向かいました。

東北は紅葉真っ只中でとても綺麗な景色を見ながら。





なんと12時間。
どひゃー!12時間の移動はさすがに始めてかも。

でも3人で交代しながら、休憩もとりながら。

進めばいつか着くんだな、、(笑)

2年ぶり?のミッフィーカフェ。





集まってくれた皆さん、本当にありがとう。
前回来てくれた方々がほとんどみんな来て来れて
元気で再会ができた。

もう、それだけで100点満点です!

ミッフィーカフェのオーナーも
「前回来てた人がたくさん来てて、飽きっぽい釜石の人がこんなにまた足を運ぶって、すごいよ」
そう言ってくれて

もう、胸がいっぱいで、歌っていても次々と溢れてしまい
こみ上げる気持ちをコントロールするのが大変でした。
とてもとても嬉しかった。



12時間かかっても、そんなのは吹っ飛ぶね。
大好きな釜石。

今度は新しいアルバム持って行くからね。
また元気で会おうね!!



新華園の釜石ラーメンも食べれたし!



ミッフィーランチも食べれたし!







はしゃぐ大人と少年。

さて石巻へゴーゴー!!


石巻も、いつも来てくれる人たちが今回もみんな集まってくれました。

石巻は、イオンのフリーライブから始まって
そこで見てくれた人達や
秋田からいつも来てくれる人や
古川からの人

ほんとにほんとにありがとう。

この日もいつになく想い溢れる時間となり
改めて、感慨深くて、不思議で、嬉しくて、

石巻は先も書いたように、たまたまフリーライブで歌いに行った場所だったのに
こんなに大切な場所になったこと。

ほんと、不思議だな。





3人で色とりどりに、ワイワイと。
のんちゃんもれん君もわたしも
その瞬間に気持ちキュッと濃縮して
丁寧に届けようという想いが空気を包んでいました。

2日間、皆さんほんとにありがとう。

また会える日まで、わたしも京都で頑張るから
みんなもそれぞれの土地で頑張って
「元気だったー?」って
また会おうね。

あっという間の2日間が終わり、13時間かけて京都へ帰りました!

あっっという間すぎて、夢かしらと思うほど。
すごい移動したんだなぁ。

そしてすぐ、茨木でライブ!

〜続く〜




0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 23:10
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      勇敢な鳥 

      MY SPACE

      試聴できます。 http://www.myspace.com/himenoakira

      凛々〜LiLi〜ブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      風を待つ地球儀
      風を待つ地球儀 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      彩り豊かなサウンドにのびやかで時にヒリヒリしている彼女の声が重なる。
      渡辺善太郎をプロデューサーに迎えた4th アルバム。

      recommend

      ハジマリのまばたき
      ハジマリのまばたき (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      2010年11月3日発売のnew album。
      BEATLES.Carol King. BEN FOLDSなどピアノを主体とした洋楽テイストをベースに、心の奥にある痛みや優しさを聴く人の目の前に映し出す。
      時に優しく、奔放に、そしてアグレッシヴに。
      名曲ばかりの12曲。
      音で画を描く世界観。ヒメノアキラの金字塔。

      recommend

      勇敢な鳥
      勇敢な鳥 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ



      「あきらめた その時が 終わりなんだ」
      今を生きる全ての人に送る、名もない鳥の物語。
      絵本を開くように、その場面の情景が浮かび上がる
      ドラマティックで壮大な1曲。 
      伸びやかで、かつヒリヒリしているヒメノアキラの音楽スタイルを
      十分に表した楽曲となっている。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR