ルーツ



京都へ引っ越してきて2ヶ月強。
ジャックライオンでボーカルレッスンなどをさせてもらったりしているけど

そもそもジャックライオンは、前から言ってるけれど
オーナー眞柴さんが同郷で、わたしの父親がその昔やっていた
楽器&レコード店「あんだんて」のお客さんでした。

その頃わたしはまだ子供で、眞柴さんも高校生でした。

田舎だったので、その当時、楽器やロックなんてなくて
その穏やかで退屈な町に、ロックとエレキギターを持ってきたのが父でした。

あんだんては若者たちの心を掴んで、
毎日毎日、高校生達がやってきては、ロックに目を輝かせて、
音楽に夢中になる子達で店は賑やかでした。

なんなら我が家にもよくバンドマン達が遊びにきた。
年末年始はとても賑やかだった記憶がある。
わたしは遠慮もなく、そのお兄ちゃん達の膝を独占していたらしい、、(姉談)

その高校生たちの中に、眞柴さんがいたのでした。


大人になり、わたしも音楽を志し、上京する前もジャックライオンはお世話になり
上京後も、年月が経つほどにたくさん歌いに行かせてもらったりして
帰ってきてからはさらに深く関わらせてもらっている。


眞柴さんからは、よく
「キミとこのお父ちゃんは厳しかったでぇー」とか
「コンテストでお父ちゃんがこんな事書いてくれたのが嬉しかったんやでぇー」
とか
色々と話をしてくれて、
わたしの知らない父親をたくさん教えてくれた。

(*わたしが小学生の時に両親が離婚して父とは一緒に住まなくなったので、
そういう話や、当時出入りしていたバンドの人達と継続して会えなくなったために、色々と空白があるんだな。)

昨日は、そんな眞柴さんに誘われて、京都拾得へ。

バウンドというバンドのライブでした。
ドラマーのネッシー木村さんが、同じ京丹後の人だと言うことで。

高校生の当時、あんだんてに出入りしてた人だよ、とのこと。

(眞柴さんが木村さんを知ることになったキッカケがちょっと面白くて、
なんとドラマーの湊さん
(奥田民生さんのドラムを叩いたりされてる、いわずもなが、むちゃくちゃかっこいいドラマー)
から、「ネッシー木村って知ってる?日本で尊敬するドラマーなんだ」と教えてもらい
その時は誰だろう?知らないなと思っていたんだけど
後々、なんと高校の先輩だったと言う衝撃の事実を知る。
それで、うちの父に聞いてみたら、
「あぁ、あそこの家の、、」と教えてくれたらしい)


バウンドのライブはとてもハッピーで自由で楽しかった!!


そんな木村さんにご挨拶させてもらったら
「おお、アキラちゃんか。
当時3歳くらいのアキラちゃん連れて散歩行ったりしてたで(笑)。
途中で急に”おしっこー”言うから保育園にトイレ借りたりして」

にゃんと(*_*)
そんなにもお世話になったとは全く覚えてなく、、。




木村さんも高校生のとき、あんだんてでドラムを買って

「お父さんにドラムを聞いてもらったりしてな。褒めてもらって、そこからずっと。」

ドラマー人生のスタートだったんだなぁ、、。


行けてよかったな。
タイミングってあるんだろうな。


わたしの父親はどうしょうもない人だけど
こうやって話を聴くと
すごい事をしてきた人なんだなって思った。
その部分は尊敬する。

たくさんの若者の人生を変えた人。

いつも音楽の話をすると、少年のような顔になる。
わたしと音楽の話をするのがとても楽しそうに見えた。

こんな書き方すると死んだみたいだけど(笑)
生きてます。

ただ、もう70歳を超えて、前のようなパワーがなくなってきたように思える。

お父さん、あなたはなかなか、すごい人ですね。
気持ちを伝えなければと思う。
どんな事があったにせよ、この部分だけは絶対だ。

平和な田舎町に
ディストーションを
ロックを
バンドを

そんでもって、わたしにもたくさんの音楽を聴かせてくれた。

昨日の夜は、なんだかくすぐったいような
誇らしいような

わたしの一部を知るような

そんな夜でした。

長くなにかを続けていると、
色んなことがくっついて、心の核を見えづらくさせてしまうけど

毎回、毎回、いちいち、思い出していきたい。
この夜の感覚を。





自分へのしるしとして書きました。

ありがとう。


0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 15:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      勇敢な鳥 

      MY SPACE

      試聴できます。 http://www.myspace.com/himenoakira

      凛々〜LiLi〜ブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      風を待つ地球儀
      風を待つ地球儀 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      彩り豊かなサウンドにのびやかで時にヒリヒリしている彼女の声が重なる。
      渡辺善太郎をプロデューサーに迎えた4th アルバム。

      recommend

      ハジマリのまばたき
      ハジマリのまばたき (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      2010年11月3日発売のnew album。
      BEATLES.Carol King. BEN FOLDSなどピアノを主体とした洋楽テイストをベースに、心の奥にある痛みや優しさを聴く人の目の前に映し出す。
      時に優しく、奔放に、そしてアグレッシヴに。
      名曲ばかりの12曲。
      音で画を描く世界観。ヒメノアキラの金字塔。

      recommend

      勇敢な鳥
      勇敢な鳥 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ



      「あきらめた その時が 終わりなんだ」
      今を生きる全ての人に送る、名もない鳥の物語。
      絵本を開くように、その場面の情景が浮かび上がる
      ドラマティックで壮大な1曲。 
      伸びやかで、かつヒリヒリしているヒメノアキラの音楽スタイルを
      十分に表した楽曲となっている。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR