年の瀬に振り返る2017

今年もありがとうございました!
元気に年を越せること感謝です。

2017年は色々と模索をし、変化をした年でした。
今一度、何を大切に思い、どこに軸を置き生きていきたいか
考え向き合って
凄まじく悔しさや後悔に飲み込まれそうになったり

そんな自分を受け入れることができなかったり
同時に体調も崩して(汗)苦しい時もあり。


そんな中でも最後まで歌を歌って過ごせたこと
聴いてくれた方々
リアルに繋がってくれた皆さん
本当にありがとね。


今年の写真とともに、ちょっと振り返ってみようかな!







まず2017年は、勇敢な鳥の弾き語りのレコーディングから始まったのだ!

地元のホールで、まさにライブ一発どり。
エンジニアは父。

初めての親子共演。

父との作品を残せて、良かったなあって思う。

トリオのアー写を初めて撮影したなー。
すごくお気に入りです。
コズミック!



イベントに呼んでもらったり
ツーマンをやったり

来てくれた皆さんありがと。



春はワンマンでした!
誕生日のその日に?(?????)?




幼きわたしの、ピアノの発表会の映像を流したり
とっても楽しくて柔らかくて温かい、良いワンマンができたなあ。
ありがとね。



勇敢な鳥の再リリースもできた。
念願だった絵本をつけて。

こんなに素敵な絵が、埋もれてしまわなくて良かった。

そして、この頃ひとつの区切りをつけた時期で
5月はライブをせず、田舎の母親が東京に来て
たくさん遊んだ。

それから、
新たにボーカルレッスンをさせてもらう様になった。





6月は大好きな大好きな釜石にも遠征できた!
ライブも、楽しいイベントばっかりで。







恒例のアートリオンのワンマンも
すごーく良かったなぁ。


そして、初の金沢!新潟。

とっても楽しかった。
嬉しかった。
幸せなライブだったなー。
また行くんだもん。
のんちゃんありがとね。



音橙ちゃんとのツーマン「つきのわ」もはじまり。



8月はKAB.さんと大阪、名古屋、東京「17歳ツアー」と
古くからの友人、山田明義氏と田島茜ちゃんと、
岡山、高松、京都へのツアーも。









ツアーから帰ったら
残り少ない夏を満喫して。





9月はまたまた大阪遠征もあり、
京都へ帰省したり。
そうそう、凄い台風の中、夜中に車で大変だったのだった。




動物が好きなわたしにぴったりな
「ペットソング」も何曲か作ったなぁ!
これは本当に、我ながら、向いてる(笑)。

最初はうちの猫の曲を遊びで書いたのがきっかけだったけど
こんな風に作らせてもらえて、幸せ。
もっともっとやっていきたい。
今年から始めて、新たにわたしのライフワークになった。




秋も良いライブたくさんあり。
ひとつひとつが想い出深い。





そんでまたまた遠征へいけた!

大崎と、石巻。
石巻は、ずっと行けないままで、行きたい行きたいと思っていたから
やっと行けた。

待ってくれてる人がいたこと、
その時の気持ちを忘れるなよ、自分!
と心から思ったなぁ。

大崎では新しい出会いに感謝。
なんか、縁を感じたなぁ。



その後も岡山、高松、尼崎へ!

人との触れ合いが、改めてとても大事に思えた。
実際に足を運ぶ事、その土地の人と出会える事。
直接会える事。
SNSの時代に、
そんなもんじゃないって思ったな。

だから旅をするんだ。
だからライブをするんだ。

だからこそ、直接わたしと繋がってくれた人がありがたくてね。

会場に足を運んでくれた方々、ありがとね。

原点だね!




そして!ジャックライオンでのワンマンでした!

いつになく、特別な思いが溢れた夜でした。

あの会場に居てくれた人に、愛してると叫びたい夜でした!


色々叫んだけどね(笑)

とにかく、最高に終わりましたな。



そんでもって博多!
KAB.さんとのツーマンツアー「17歳」が、まさかの博多でファイナル。

良い夜だったな。
博多は行った事なかったのに、、ここにも待ってくれてる人が居た。

これまた感無量だった。
ありがとね。




そして2017年最後の大きなミッション!
シンガーソングライターワークショップ!

ボーカルレッスンと、ソングライターのワークショップ。

やりたかったことがひとつ叶った日だったよ。

参加してくれた皆!
お疲れさま!
疲れたよね(笑)!
わたしも疲れたw
それは真剣だからだよ。
良い疲れだったね。

そして、最後はソートさんとツーマンを
ゆったりと。
「go slow night」
タイトルの通り。


2017。いろんなところへ歌いに行けた。
嬉しかった。
動けば何かしらある。
まずは動くこと。


ここに書けないことは胸に。



2018年も何がどうなるか分からないけど
いつでも楽しいと思う方へ。
心が呼ぶ方へ。

そこにあなたが居てくれるなら
もっともっと楽しい!

どうぞよろしくね。
ありがとう。

ヒメノアキラ



0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 23:20
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      勇敢な鳥 

      MY SPACE

      試聴できます。 http://www.myspace.com/himenoakira

      凛々〜LiLi〜ブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      風を待つ地球儀
      風を待つ地球儀 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      彩り豊かなサウンドにのびやかで時にヒリヒリしている彼女の声が重なる。
      渡辺善太郎をプロデューサーに迎えた4th アルバム。

      recommend

      ハジマリのまばたき
      ハジマリのまばたき (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ
      2010年11月3日発売のnew album。
      BEATLES.Carol King. BEN FOLDSなどピアノを主体とした洋楽テイストをベースに、心の奥にある痛みや優しさを聴く人の目の前に映し出す。
      時に優しく、奔放に、そしてアグレッシヴに。
      名曲ばかりの12曲。
      音で画を描く世界観。ヒメノアキラの金字塔。

      recommend

      勇敢な鳥
      勇敢な鳥 (JUGEMレビュー »)
      ヒメノアキラ



      「あきらめた その時が 終わりなんだ」
      今を生きる全ての人に送る、名もない鳥の物語。
      絵本を開くように、その場面の情景が浮かび上がる
      ドラマティックで壮大な1曲。 
      伸びやかで、かつヒリヒリしているヒメノアキラの音楽スタイルを
      十分に表した楽曲となっている。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR