東北ラバーズ

怒涛の3日間でした。

岩手県釜石、宮城県石巻、そして帰ってきて茨木。

まずは釜石へ。

のんちゃんとのツーマンツアー。
前乗りで金沢へ入り、当日の朝4時に車で出発。

今回、PA機材をこちらから持参しないとならず、
どうしようかと思っていたところ
金沢でのんちゃんと一緒に活動しているシンガーソングライターのれん君が機材も貸して会場PAもしてくれるとのことで!
一緒に乗って向かいました。

東北は紅葉真っ只中でとても綺麗な景色を見ながら。





なんと12時間。
どひゃー!12時間の移動はさすがに始めてかも。

でも3人で交代しながら、休憩もとりながら。

進めばいつか着くんだな、、(笑)

2年ぶり?のミッフィーカフェ。





集まってくれた皆さん、本当にありがとう。
前回来てくれた方々がほとんどみんな来て来れて
元気で再会ができた。

もう、それだけで100点満点です!

ミッフィーカフェのオーナーも
「前回来てた人がたくさん来てて、飽きっぽい釜石の人がこんなにまた足を運ぶって、すごいよ」
そう言ってくれて

もう、胸がいっぱいで、歌っていても次々と溢れてしまい
こみ上げる気持ちをコントロールするのが大変でした。
とてもとても嬉しかった。



12時間かかっても、そんなのは吹っ飛ぶね。
大好きな釜石。

今度は新しいアルバム持って行くからね。
また元気で会おうね!!



新華園の釜石ラーメンも食べれたし!



ミッフィーランチも食べれたし!







はしゃぐ大人と少年。

さて石巻へゴーゴー!!


石巻も、いつも来てくれる人たちが今回もみんな集まってくれました。

石巻は、イオンのフリーライブから始まって
そこで見てくれた人達や
秋田からいつも来てくれる人や
古川からの人

ほんとにほんとにありがとう。

この日もいつになく想い溢れる時間となり
改めて、感慨深くて、不思議で、嬉しくて、

石巻は先も書いたように、たまたまフリーライブで歌いに行った場所だったのに
こんなに大切な場所になったこと。

ほんと、不思議だな。





3人で色とりどりに、ワイワイと。
のんちゃんもれん君もわたしも
その瞬間に気持ちキュッと濃縮して
丁寧に届けようという想いが空気を包んでいました。

2日間、皆さんほんとにありがとう。

また会える日まで、わたしも京都で頑張るから
みんなもそれぞれの土地で頑張って
「元気だったー?」って
また会おうね。

あっという間の2日間が終わり、13時間かけて京都へ帰りました!

あっっという間すぎて、夢かしらと思うほど。
すごい移動したんだなぁ。

そしてすぐ、茨木でライブ!

〜続く〜




0

    東京2days

    東京2days
    会えた皆さんありがとうね!

    1日目は木下直子ちゃんとツーマン「灯台」



    お互い「灯台」という曲があり、このタイトルで。

    オープニングに直ちゃんの灯台をふたりで、
    エンディングにわたしの灯台をふたりで。
    というなんとも柔らかな夜でした!


    相互カバーもあってね
    もー練習練習、練習の鬼でしたよw


    わたしは流星群を歌わせてもらったよ。
    暖かい拍手ありがとう。
    本人がとても感激してくれてたので、よかった(*´ω`*)
    えへ。

    直ちゃんの歌った「夜明け前」もすごく良くて
    カッコよかったー!







    緊張した分、とても楽しかったねー◎

    この「灯台」は大阪でもやります!

    11/30soap opera classics
    ゲストに谷口深雪ちゃんも呼んで、3人で!
    来てねー!


    そして翌日は「みんなでつくるフルコースワンマン!」



    お昼間から満員御礼、ありがとう。

    去年やって、準備が大変で、もーやりたくないって思って、、、

    またやる、という(笑)

    やっぱり楽しくてさー!
    大変だからこそ楽しくてさーー!





    楽しそうなわたし。

    ご注文ありかとうございました!

    まさかの
    あんなに練習したのに!が出なかったり

    わっこれね!ってのが出たり

    ハラハラドキドキでした。

    うぉーって部分もあったけど、とにかく出し切りました!

    ほんと、なんか、話しながら進めていくお家の様なライブ。
    楽しい。
    みんなニコニコしてて、わたしもニコニコで
    とても良い昼下がりでした。
    気持ちよく歌えました。
    久しぶりのアートリオン、やっぱりこの場所はなんか、、
    清々しい空気というか、音楽家達の優しさというか
    そういうものがもう出来上がってるよね。
    好きだな。


    お腹いっぱいになりましたかしら?

    全17曲。



    *前菜*
    シンパシーとワンダー
    朝は来る

    ☆スープ☆
    手紙
    ご飯ができたよ
    魔法みたいだ

    *メイン*
    勇敢な鳥
    ハローハロー
    東京
    なんでもない日おめでとう

    ☆シェフの新作☆
    HO・N・KI・desuka
    ココロお出かけ中(仮)
    よどみのない河

    *デザート*
    シンガーソングライターは唄う
    〜間奏崩壊バージョン〜
    夜の海
    くちびるにうたを

    ☆おかわり☆
    エンドロール(挙手リクエスト)

    *おかわり2*〜シェフのゴリ押し〜
    故郷を遠くに思いけり



    鳥になる寸前のヒメノ。

    パタパタパタ、、、!!
    「じゃあ、わたしの星へ帰るね!」

    ご注文ありがとうございました!


    0

      オトナになれないお寿司TOUR

      帰りのバスが10時過ぎ。
      なんでもっとゆっくりした時間にしなかったのか。
      お寿司が食べれないではないか!
      と、ツアーの初日から時間変更出来ないか、もしくは朝早くからお寿司やってないか、、

      もしくは、クリスタルハウスと富山の間にお寿司に行けないか、、

      など、真剣に議論した結果


      早朝からやってるお寿司屋さんを見つける!

      昼、夜の2公演を終えて(その前からの2公演もあった)
      疲れた体に鞭を打ち
      朝早くに起床!
      すざまじいお寿司パワー!



      お寿司の為に早起きした私たちは勝ち組だぜ!
      ゴーゴーお寿司。



      すごい楽しい市場で!



      わたし、どスッピンですんません。
      (なんで2人は完璧メイクなのだ!)

      あぁぁあ美味しかった!!
      金沢のお寿司さいこー!



      のんちゃんの事務所の前でパチリ!




      お別れの時。
      何故だか寿司ざんまいポーズ。






      おい、顔w!

      そんなこんなで今年もお寿司たべれた(笑)。


      たくさんの差し入れをバスでもぐもぐしながら
      京都へ帰りました。




      今度は京都でもやりたいな!
      0

        オトナになれないTOUR

        今年も3人でツアーやってきました!
        オトナになれないTOUR!
        with 拝郷メイコ、nonchamp 。

        今年は4箇所の3daysというなかなかのハードスケジュール。

        初日は尼崎ブラントン



        たくさんお集まり頂きありがとう!
        わたしは最後歌わせてもらいました。

        久しぶりなブラントンはとても歌いやすくて、お客さんが近くて
        囲まれてるようで

        自然にキュッとした空気というか、和みやすい空気になるね。

        2人の歌を聴いて、最後に歌うときは、たくさんパワーを受け取って
        バトンもらってる感がすごくて
        独特な緊張感とほかにない安心感と、
        いい塩梅の抜け感があります。
        良い歌聞いて元気モリモリ!



        今回はここだけO.Aが入ってくれて
        芽衣子ちゃんと4人で!



        ブラントンの川崎さん花盛さんと!
        なんだろ、なんかポーズしたやつですw。

        気持ちの良い空間作りありがとうございます!

        この日のセッションはわたくしめの曲を、、
        ギターだけで、、
        贅沢に、、

        嬉しいな。
        「夜の海」この曲書いた時から、ギターのアルペジオが鳴っていたのだー。
        お二人、ありがと、、。


        わちゃわちゃの初日がハッピーに終わり
        この日はわたしの家に。

        MCで話した
        夜な夜な2人のお部屋から
        長渕剛さんの「RUN」が聴こえていた夜です。



        翌朝はご飯食べながら部活の話とかして(笑)



        セッションの練習もして。




        名古屋向かう途中で色々食べたりして。

        そして名古屋GURU GURU!
        わたしはトップバッター。

        この日ソールドアウトで
        お客さんもミチミチで
        近かったねぇ!

        ごめんねぇ、わたし座りだから尚のこと目線も近くてね汗



        いろんなお話をしました。
        聞いてくれてありがとね。
        最後の勇敢な鳥は、危うく泣きそうでした。

        入り口に2人が立って見ているのが見えて
        同じように揺れていてくれて
        うおーっと助けられました。(なんじゃそりゃ)
        ありがとう。



        GURU GURU11周年おめでとうございました!
        盛り上がって終わりました!


        そんでもって夜走りして金沢へ!
        運転のんちゃんありがとう。

        さぁ3日目は昼と夜の2公演。
        着いてすぐ寝ました。。

        今回ものんちゃんの事務所を、お借りして。。

        朝頑張って起きたぜ!



        車でパン食べるわたし。
        (撮影 メイコ)


        昼公演は初の鶴来。クリスタルハウス。
        山の中にある、とっても個性的で可愛いとこだった!

        オーナーのあっこちゃんが本番前におうどん作ってくれたり
        コーヒー作ってくれたり、、

        もてなして下さり、、ありがとうこざいます!

        山の緑を窓から眺めながら、本当に良い時間でした。

        この辺りから
        3人のエネルギーは何かひとつの柱を見つけて
        夜までそこに向かって最後まで振り絞ったな、と思う。



        PAはれん君。心のこもった音作りありがとう。

        楽しそうな私たち!

        そしてバタバタと富山へー!!
        うおー!!!

        帰ってきたよcasa de la musica。
        ここでファイナル。





        3人とも振り絞ったな(笑)!
        楽しかったー!
        ムチムチにミチミチにゴイゴイに
        エネルギーが渦巻いていたね。
        すごいねー。すごいなー。
        あー。

        最後は今年もオーナーの笠原さんにドラムで参加してもらって。
        レン君にも入ってもらい豪華に!
        そして各地で歌ったそれぞれの歌も全部のせで!
        オールスターズ(笑)



        と言うわけで、ぐおーっと渦巻いた中で
        終わりました!

        各地来てくれたあなたへ心からのハグを!
        ありがとう。ありがとう。

        名残惜しくてたまんないわ。
        ずっとオトナになれないままでもいいや(*´ω`*)


        メイコとのんちゃんありがとう。
        豊かな音楽人生になっています。



        また来年も!

        オトナになれない私たちで!
        あなた達で!

        会おう。
        0

          東京2days



          音橙ちゃんとのツーマン「つきのわ」ももう第九夜。
          満月の夜に集ってくれた皆さん、ありがとう!


          もうすっかりお客さんも私たちもホーム感があり、
          スタッフの皆さんとの一体感もあり、

          久々のバンドのライブもめっちゃ楽しくて躍動しました!

          バントで映える選曲と、
          さらに新曲も
          そして、どうしても弾き語りを1曲。
          させてもらいました。

          久しぶりだったので、ほんと、人と音を重ねる喜びが巡りました。
          たむやん石井ちゃん、ありがとう



          東京で
          初めて歌う曲が3曲。

          父のことを書いた曲も歌えました。
          MCで少し話そうかと思ったんだけど、
          やっぱり言葉にし難くて。

          そのまま歌いました。

          泣きながら書いた曲はこれだけだ。



          でも、翌日のKAB.ちゃんとのツーマンでは、少し父親の話が出来ました。


          その時言ったけど
          自分が泣くとしらけちゃうから
          いつもひとつ気持ちをそっと置けてから書くから
          (喜び幸せはすぐに描きたくなるけどね、
          そうじゃない気持ちは、曲を書いてる場合ではなく(笑)
          そして泣いてる自分にしらけちゃうのだー)

          だから特別な曲です。
          きっと音楽でしか繋がってないって思っていてだから
          すぐに音に閉じ込めたかったし
          歌でないともう届かないような気がして。

          「嘘だよ、ほんとはね。」
          そんなタイトルをつけました。



          ほかの新曲は!!
          性格悪いんちゃう?!って感じで(笑)
          なかなか面白い曲たちでしたでしょ。

          どんどん歌ってくからー。


          そして!
          大好きな川村結花さんもいらして頂き、ありがとうございました!




          来月、音橙ちゃんとツーマンをする我らがしらいしりょうこたんも来てくれて!

          美しいふたりに挟れ恐縮のわたし。











          次回つきのわは、2020年1月11日の満月?

          わぁー未来!

          第十夜だよ!10回目を迎えるのだな!
          なにかスペシャルにしたいな。



          ***********



          翌日はKAB.ちゃんとツーマン!

          翌日の弾き語りは
          FJ'sのグランドピアノと2人で、ゆっくり歌える選曲で。

          KAB.ちゃんとナチュラルにwゆったりとした時間でした。

          昨日のFJ'sはまっきーさんで
          「アキラちゃんますます深みが増したねぇ!」と褒めてもらって嬉しかったな(*´ω`*)

          でも、まっきーさん曰く
          シンガーソングライターは40代なんてまだまだ、ということです(怖)

          ここからもっと面白くなってく。

          MCでも言ったけど、19年もやってると、濃い人しか周りに居なくなってくる。
          ある意味バケモンしか居ないのだ(笑)

          更なるバケモンを目指して、生きていきたいです(笑)

          KAB.ちゃんとの流れる時間は独特で、
          ふたりのまったりとした、頑張らないスタイルがw
          最高に楽しいね!

          尖った時代を経て、今があるからねw
          なおの事愛おしいね。

          だからきっと、込み入ったプライベートなこともMCで話せるし。

          来年はいよいよ20歳!
          振袖かぁ、、世間に許してもらえるかなぁ(笑)

          続きは名古屋で。
          9/22は名古屋doxyでKAB.ちゃんと待ってるよ!



          リハーサル↑



          19のポーズ!


          あー楽しかったなぁ。
          久しぶりの東京。
          なんだか寂しい。

          また10月。
          10月19日北参道GRAPES
          10月20日西荻窪アートリオンワンマン

          元気に会いましょう!
          0

            19歳 京都編




            わー久し振りになってしまったね。
            昨日はKAB.ちゃんとの恒例、周年ツアー京都編でした。

            今のわたしが住んでるとこの近く、そしてお世話になってる場所

            火灯し喫茶すずかげにて。
            すずかげ1周年×我々の19周年のダブルめでたいツーマン。

            KAB.ちゃんをここに呼べて嬉しかったなぁ!
            そして、みんな集ってくれて嬉しかった!

            昼下がりの気持ちのいい空気で、
            窓からも緑がみえて川が流れていて

            ほんと、ステキなロケーション。

            みんなも昼間っからビール呑んで(笑)
            くつろいでくれてたよう。



            今回はオープニング2人で歌い、
            最後も2人で終わる、という形でした。


            昨日は私の歌で始まりました。

            燃えたわー、祭りのあとwith KAB.

            そしてわたしはこの日に新しい曲を2曲、連れて行きました。
            この日初歌いの、真っさらな曲でした!

            バンドでやりたい1曲と、弾き語りのミディアムな曲。

            どちらもすごく気に入っています。

            人前で歌うとこまで到達できた曲は
            そこまでの色んなハードルを越えて、お披露目になるので
            自分がグッと来ないとお蔵入りとなるのでね、
            どの曲も気に入ってるんだけど

            なんというか手応えのようなものはそれぞれあって
            今回歌った曲は、そういう意味でとても好き。

            今は(笑)

            それから、ライブで初めて、お父さんの事を話しました。
            今までは、はっきりという事が出来なくて
            でも、昨日はちゃんと言って、そして歌えました。

            歌い終わった時、涙を拭うお客さん達がみえて、あぁ、この曲が誰かの心に、誰かの人生に重なる事が出来るんだなって思えて
            変な言い方だけど、嬉しかったです。

            終わってから、この曲はきっと来年のアルバムに入れて下さいって伝えてくれる人が居てね。

            ありがとね。


            そんなこんな、
            わたしとしても8月最後のライブがとても充実した時間になりました。


            新しい曲は来月はトリオでライブあるから、バンドでやるんだー
            待ってろ東京

            そう、来月は、
            東京2days

            ☆9/14北参道GRAPESでつきのわ。こちらはトリオです!

            ☆9/15は祐天寺FJ'sで「19歳東京編」こちらは弾き語り。

            そして翌週
            ☆9/22は名古屋doxyで「19歳名古屋編」


            そしてそして
            9/27〜29は、オトナになれないTOUR with nonchamp 拝郷メイコ

            ☆9/27は尼崎ブラントン
            ☆9/28は名古屋GURU GURU
            ☆9/29は石川クリスタルハウス(昼)
            富山 casa de la musica(夜)

            盛りだくさん!

            京都も9/11に祇園シルバーウイングスもあるよ。

            絶対楽しいやつ。
            一緒に楽しもうぜ。
            オトナになれない奴ら(爆)

            そんなこんなで8月は終わって行きますな。



            またすずかげでイベント出来たらなっ!
            1周年、おめでとうございます!
            新参者のわたしも歌わせて頂き幸せです。

            終演後は
            KAB.ちゃんとビールを頂きまして

            長岡京の駅まで送ってバイバイしました。

            見送るのって寂しいね。
            でもまた来月会えるし!
            楽しみだな。



            来年は20!
            どうやって人文字作るかな、、。


            0

              トリビュートコンサートありがとう




              7月7日父のトリビュートコンサートが開催されました。

              たくさんの方々がこの日の為に動いて下さり、そして当日はたくさんの方が足を運んで下さり

              こんなに盛大なコンサートになりました。




              本当に本当に、ほんとーーーに
              ありがとうございました。

              全盛期の懐かしいバンドがたくさんで、同窓会のようで
              わたしも子供の頃聞いていた記憶が蘇り、懐かしくて涙。

              いろんな人に
              「アキラちゃんをよく散歩に連れてってやったんだでー」とか
              「家に行ったらアキラちゃんがすぐ膝に乗って来てよう抱っこしたったーでー」
              とか

              子供の頃は可愛がって頂き、、(恥)

              父親共々お世話になりました、、(笑)


              お父さんは照れ屋なので、こんな盛大なコンサート、「やめてくれよぉ」って照れてると思うけど

              あの時代、高校生だった子たちがこの日の為に再結成したり
              あの頃からずっとやり続けてる人の演奏をまた聞けて
              それはそれは嬉しかっただろうなぁと思います。


              そういう意味では、とても喜んでいたと思う。
              そして、ダメ出ししてたかな(笑)?

              そんなお兄ちゃんたちと30数年後に同じステージで歌えて、とても嬉しかったです。


              わたしも弾き語りで、歌いました。
              アンコールまでありがとうございます。

              2曲歌う中で、早い段階で1曲は勇敢な鳥と決めました。
              MCで話した通り、父が気にかけてくれた曲で、
              よく「この曲はパワーがあるから、どうすればたくさんの人に届くか、、」
              「この曲を聴くと、昔早くに天国へいった○○ってやつを思い出すんだ。
              あいつは夢半ばで天国へ行ってしまって、、」と、ある人の事をよく話していました。

              それに、弾き語りレコーディングではお父さんに録ってもらったしね!

              そして、もう1曲はどうしようかとても悩み。

              本番で歌った曲は、伝えたかった気持ちを泣きながら書いた曲で
              この場で歌うには、しんみりしてしまったら嫌だなぁと悩みに悩み、、

              でも、
              この機会が与えられたなら。

              精一杯歌って、お父さんに伝えられたら。
              そう思い、歌う事にしました。

              聴いてくれてありがとう。

              わたしは絶対に泣かない、と思っていたし、最後まで泣かずに歌ったけれど、
              たくさんの方が一緒に涙を流してくれて、
              あぁ歌ってよかったなと思った。

              それぞれの心に、同じような想いはきっとあるから。
              そしてわたしの想いはきっと届いていると思えたから。


              そしてアンコールを頂き、
              この春に書いた故郷の曲、
              お父さんに聞いてもらおうと思ってた曲も歌えました。


              ステージでは皆さんがそれぞれお父さんの話をしてくれて
              わたしの知らないエピソードも聞けたり
              思いがたくさんのライブ。



              最後は全員で合唱をして、緞帳が降りた後、みんなで拍手をしながら、そして抱き合って泣きました。

              いいおじさんが、ワンワンと泣いたり、涙を堪えて抱き合ったり、みんながお父さんに気持ちを寄せてくれて本当に感動しました。
              ありがとうございました。

              お父さん、
              ありがとう。
              これからも側で、よろしく頼みますよ。


              そしてこの日の為に動いて下った皆さん、本当に素晴らしい1日となりました。心から、心から、ありがとうございます。

              わたし自身、この日があってとても良かった。
              感謝です。
              お父さんってすごいな。
              改めて娘としても誇らしいです。


              そして、わたしの演奏の時、客席で見ていた姉が「アキラの勇敢な鳥、お父さんの音だった。」と言ってくれて、ああーお父さん居たんだなぁって思いました。

              照れ屋なお父さん。
              同じく照れ屋なわたしで、なかなか素直に言えなかったけど
              お父さん、ありがとう。大好きだよ。






















              横向きのハートが照れ屋のお父さんらしいな。



              これからも一緒にステージを作っていこうぜ。
              お父さん。

              0

                ごえもんとわたし



                5月15日、ごえもんが立てなくなってしまった。

                朝起きると、ごえもんがびしょ濡れで、なんだ?!と思ったらおしっこ。

                歩けないのでそのままお漏らししてしまった様。

                急いで病院へ行ったけど
                多分老化だろう、と。

                先生の猫さんも20歳で立てなくなって、その3日後に天国へ行ってしまったと。

                ステロイド打ったりしたけど、その時一時的に歩けるだけで、良くはならないし
                顔も険しくなって来て
                今思えば、そんなことせず、そのままにしてやれば良かったと後悔してる、
                とおっしゃって

                わたしも特に何も出来ず帰ってきた。



                ごえもん、君はもう20歳なんだね。
                若く見えるけれど。



                それでもチュールは抱えて食べるw






                立てなくなってから、毎晩、
                ごえもんが寝てるリビングのソファの下にお布団敷いて寝てるんだけど

                毎朝眼が覚めると、こんな景色。















                いつも早起きごえもんくん。
                早よ起きろ、、と呪文を唱えてるのではないか。

                可愛いな。

                たまにごえもんが降ってくる(笑)。



                そんなごえもんが愛おしいです。
                彼はプライドの高いやつなので、オムツは嫌いだろうと思って
                買ってはみたが1回装着して、やめた。


                トイレに行きたそうな時は手で支えて、
                なるべく自分で歩くスタイルをさせてきた。

                それでコツを掴んだのか、、


                なんと、ヨタヨタと歩けるまでに回復!!!

                凄いことです。

                ヨロヨロと自分で、、。
                感動しました。
                すごいじい様だ。。
                あんた、スーパー爺さんだよ。。

                老化で歩けなくなった子が、再び歩く様になるなんて。
                奇跡だー、、!



                たくさん奇跡を起こしてきたごえもん。

                病院行った時は、3日で亡くなったと聞いて、
                そんな早くに、、?!と困惑したけど。。

                ほんとに、尊敬するよ。




                こちらご飯タイム。

                愛おしい子。







                殿。ご気分いかがでしょう。

                そんなごえもんですが、ここ最近また食欲がない。
                シリンジで流動食を食べさせたりしてるけど、心配だ。

                大好きなチュールもいらにゃいってあんまり食べたがらない。

                まだもう少しわたしの側にいて欲しいよ。




                たくさんの方がごえもんを好きで居てくれて
                応援してくれて
                本当にありがとうございます!
                パワー届いてます。



                0

                  日々



                  毎日は続いていくのだ。

                  5月は引っ越してきて丁度1年!
                  早いようなゆっくりなような。
                  変わったような変わらないような。
                  曖昧な日々の途中です。

                  11日は名古屋でnonchamp とツーマンでした!

                  nonchamp をはじめ、父の事でお声がけお気遣いをありがとう。
                  ご心配をおかけして。ごめんね、ありがとね。

                  nonchamp も、同じくお父様を亡くされていて
                  またわたしの友人にも何人か居てね。
                  たくさん連絡頂いて、
                  わたしも、実感ないしまだ帰れば会える様な気がしていて

                  でも、それで良いと思ったよ。
                  会えないけど、すぐ側にいるんだなって。

                  わたしの音楽の才能
                  (あえてこういう言い方させてね)
                  の中にお父さんが居るから、一緒に歌っていくつもりでね!



                  いえーい!
                  楽しかったよ。名古屋、ありがと。


                  そんでもって先週は東京でした!



                  つきのわ第八夜!
                  今回は弾き語りで参りました。
                  この日も濃い気持ちで歌えました!
                  来てくれてありがとね。

                  写真を撮ってもらったので少し載せるね。























                  撮影イナさん。ありがとうございます!

                  和気あいあい、このイベントが大切に育っていて
                  毎回楽しみに来てくれる人たちがいて。
                  なんと嬉しい事だろうか。
                  感謝だよ。

                  GRAPESのスタッフの皆さんとも一緒に作ってるイベントだなって思う。
                  いつもありがとうございます!
                  次回は9月14日の満月の夜に。


                  そして先日は地元京都でのスリーマン!
                  祇園シルバーウィングスで、興梠まりちゃんとCheri *ちゃんとの再会を祝した
                  「GION de meets again」

                  暑い土曜の昼下がり。祇園までようこそ来てくれました!



                  あー楽しかったな!

                  来る途中も。観光気分で。



                  八坂神社見ながら会場入りだなんて!
                  テンション上がるー(*´ω`*)

                  まりちゃんもCheri*ちゃんも、久しぶりで、とても素敵で。。

                  3人で丁寧に繋いでいく、尊い時間でした。

                  わたしは最後を歌わせて頂きました!
                  最初はちょっと緊張気味だったかしら(汗)
                  えへ。
                  だんだんとピアノと話し合うように歌えて
                  アンコールでCheri*ちゃんがリクエストしてくれた勇敢な鳥が
                  とっっても伸び伸びと歌えました!
                  色んな想いが巡ってね。
                  なんだか最高だったよ。


                  会場のスタッフの皆さんも良くしてくださってありがとうございました!

                  京都でもっと頑張っていきたいのだ!
                  ここのグランドピアノとも仲良くなって行きたいな。



                  こっちでもこういう日をたくさん作れる様に
                  まだまだですが!

                  どうぞよろしくね。



                  ごえもん、お留守番ありがとね。
                  0

                    あんだんて

                    父が5月6日に亡くなりました。
                    こんな事を書く日が来るとは思いもしませんでした。

                    突然のこと過ぎて、未だに夢かな?と思う事があります。
                    実感がありません。

                    涙が急に溢れたり、
                    ボケーっとテレビ見たり
                    自分でもよく分からない感じです。



                    ライブのPAの仕事に行く途中、容態が急変して、そのままという事でした。



                    父はわたしに最初に音楽を教えてくれたミュージシャンです。

                    わたしが一番最初に書いた曲は、幼稚園か小学生か、そんな頃に父と書いた動物の歌。


                    冬、外にいる動物は寒くないかなって話しをしていたら
                    「アキラ、歌を作ろう」と言って
                    動物の歌を一緒に作りました。
                    (数年前のワンマンで披露した曲だよ)
                    それがシンガーソングライターの始まりだったのかなと今は思います。

                    音楽の他にも、
                    宇宙の不思議や、魂の不思議、、
                    そもそも、お父さんが不思議な人でした。
                    父をよく知る人や家族の間では、お父さんは宇宙人(笑)
                    天に近い人でスピリチュアルな人でした。




                    父は若かりし頃、ギターリストとして横浜に住んでいました。

                    わたしが高校生の頃、自分が載っている雑誌を見せてくれた事がありました。

                    真っ白なスーツ?を着てギターを弾いてる姿でした。
                    グループサウンズの時代ですね。

                    ギターリストとして数年東京で活動して、体を壊して京都の地元へ戻り

                    そこで、レコード楽器店「あんだんて」を開業しました。

                    山と海しかないこんな田舎町に、エレキギターやロックを連れてきたのが父でした。

                    http://himenoakira.jugem.jp/?eid=1139


                    (ここで詳しく書いています。)

                    「あんだんて」はたくさんの若者で賑わって
                    一時期は、2店舗を構えるほどでした。
                    ギターレッスンなんかも始めたりして。

                    わたしは小学5年生までしか父と暮らしていないので
                    そのあとの詳しい事はあんまり知らないけど

                    時代も変わり、大きなモールもできて、またインターネットも出てきて、
                    小売店が厳しい時代にもなり
                    あんだんての店舗は潰れました。

                    それから父は、
                    「物は売らない。腕だけでやる」と
                    ライブのPAエンジニアとしてあんだんてを続けました。

                    楽器屋の時代からコンサートのPAもやっていたりしたので
                    それ1本になりました。

                    わたしが田舎で歌うときは、いつも父がPAでした。

                    わたしがデビューして
                    毎回CDを渡して

                    すごく覚えてるのは
                    2枚目のシングルのアレンジを聞いて
                    「お、アキラ、これはビートルズだなぁ」と言った父に

                    わたしが
                    「お父さん、、そう思うじゃん?
                    でもこれはBADFINGERなんだなー」と言うと

                    嬉しそうに「そっちかー!」と笑って

                    わたしもなんだか、お父さんと対等に話せてるみたいで嬉しくて
                    今でもとても心に残っています。


                    音楽の話しをするときはキラキラした少年の顔に戻る
                    そんなお父さんが大好きでした。

                    「ここのコーラスが、、ほら!凄かろうがぁ〜」とか
                    「このコードの、こっからこう行くのが〜〜…(キラキラした顔)」…

                    本当に音楽に恋をしてるんだなあと
                    父親だけど、可愛い人だなぁと思って聞いてました。

                    70歳手前から少しやる気がなくなって来たように思います。

                    それでも、去年会った時に
                    「僕の最後の夢は、アキラのツアーにPAで一緒に回ることなんだ」と言ってくれて
                    えー!じゃあ早くなんとか段取りしないとね、なんて言ってた。


                    間に合わなかった。

                    近々会って、話そうと思ってたとこだった。
                    聞きたいことがあった。

                    こないだ出来た新しい曲も聴いてもらいたかった。

                    来年出すアルバムも聴いてもらいたかった。

                    音楽の話を、もっと聞きたかった。

                    宇宙の話も
                    神様の話も

                    お父さんの人生の話を

                    もっと聞きたかった。


                    間に合わなかった。

                    寿命は天命。
                    父が決めたのだと思う。



                    お通夜もお葬式も、
                    形式的なものは何もなく家族葬で
                    父もいつものチェックシャツにニット帽、という姿でした。


                    たくさんの方に集まって頂き、本当にありがとうございました。

                    わたしが子供だったとき、まだ一緒に暮らしてた時
                    あんだんてや家に来ていた当時高校生バンドマンだった方々に数十年ぶりに会えたり
                    (お互い歳をとってんのに「アキラちゃん?」「〇〇のおにーちゃん??」てな感じで(笑)

                    皆さんあんだんての事を話して下さって

                    あーお父さんはやっぱりすごいなあって思ったよ。


                    たくさんの方に迷惑をかけて、ダメな人だったけど
                    わたしにとっては、音楽家として、誇れる父です。

                    そして、冗談が大好きだったお父さんらしく
                    笑いが起こるなんともユニークな式でした。
                    泣き笑いの中で皆でお父さんをいじって

                    お姉ちゃんなんて
                    「油性マジックで目書いたろーと思ってたのに(笑)」って

                    そしたら
                    「この親にしてこの子あり」と皆で泣き笑い
                    お父さんもきっと「お前は最後までひどいっ!」って笑ってるだろうなって思います。

                    いじられキャラだね、お父さん(笑)

                    宇宙人だから
                    UFOに乗って自分の星へ還って行ったんだろうな。
                    またわたしも同じ星へ還れるかな。
                    そしたらたくさん歌聴いてね。
                    そして、感想きかせてね。
                    ダメ出しでも良いから。

                    ありがとね。
                    お父さん。
                    本当は大好きでした。

                    素直になれずごめんね。

                    お父さんの願いも一緒に、歌うからね。

                    師匠。

                    ありがとう。



                    父の最後を、たくさんの方に見送って頂き、本当に感謝です。
                    ありがとうございました。




                    昔弾いていたギターだそうです。
                    かっこいいね!ジャズマスター。



                    ワンマンライブを見にきてくれた時。
                    真ん中に鎮座されておられるのが父上様であられまする(笑)



                    勇敢な鳥の弾き語りバージョンを録音してもらった時。
                    CDの裏ジャケにしました。



                    最近の写真。写真が嫌いな人なので、あんまりないんだな、、



                    お仕事中。
                    一瞬、なんだこりゃ?コードまみれ!と思ったら(笑)
                    PAの仕事中でした(笑)

                    ここでも「わっ撮るなよぅー」ってやってる(笑)



                    愛用ヘッドホンもらいました。
                    最後の日もこれを持参していたらしい。

                    毛玉だらけやないかー(笑)
                    ボロボロですな。
                    レコーディングの時もこれ使うからね。



                    お父さんまたね!
                    離れて居てもわたしはお父さんの娘だ。
                    ずっと。


                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      勇敢な鳥 

                      MY SPACE

                      試聴できます。 http://www.myspace.com/himenoakira

                      凛々〜LiLi〜ブログ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      風を待つ地球儀
                      風を待つ地球儀 (JUGEMレビュー »)
                      ヒメノアキラ
                      彩り豊かなサウンドにのびやかで時にヒリヒリしている彼女の声が重なる。
                      渡辺善太郎をプロデューサーに迎えた4th アルバム。

                      recommend

                      ハジマリのまばたき
                      ハジマリのまばたき (JUGEMレビュー »)
                      ヒメノアキラ
                      2010年11月3日発売のnew album。
                      BEATLES.Carol King. BEN FOLDSなどピアノを主体とした洋楽テイストをベースに、心の奥にある痛みや優しさを聴く人の目の前に映し出す。
                      時に優しく、奔放に、そしてアグレッシヴに。
                      名曲ばかりの12曲。
                      音で画を描く世界観。ヒメノアキラの金字塔。

                      recommend

                      勇敢な鳥
                      勇敢な鳥 (JUGEMレビュー »)
                      ヒメノアキラ



                      「あきらめた その時が 終わりなんだ」
                      今を生きる全ての人に送る、名もない鳥の物語。
                      絵本を開くように、その場面の情景が浮かび上がる
                      ドラマティックで壮大な1曲。 
                      伸びやかで、かつヒリヒリしているヒメノアキラの音楽スタイルを
                      十分に表した楽曲となっている。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR